赤ちゃん体操

赤ちゃん体操この体操は、藤田弘子先生によって考案された、ダウン症のための体操です。
ダウン症の赤ちゃんの共通した特徴に、筋緊張の弱さがあります。
筋緊張の低下は運動発達ばかりではなく、哺乳、排便、呼吸の機能などの問題にもつながります。
また赤ちゃんの自己主張(力強く泣いて、親にかまってもらうなど)が十分でなく、親子のふれあいが少なくなりがちです。
ダウン症の赤ちゃんにとって、赤ちゃん体操で全身の筋肉鍛錬をバランスよくはかることは、単に運動発達の促進のみならず、全身の健康増進さらには親子のコミュニケーションにとっても重要です。
「ダウン症児の赤ちゃん体操 親子で楽しむふれあいケア」
                              藤田弘子 メディカ出版より

対象:まだ歩けないダウン症の赤ちゃん(乳幼児)

場所  兵庫県立塚口病院(2回/月)  ゆたかこどもクリニック(2回/月)